フローリングの佐藤工業 ホーム > フローリング製品情報 > ENGウッドベース 101 (体育館用床下地材)

ENGウッドベース 101 (体育館用床下地材)

特徴

フローリングと同様の木材なので施工上の相性も良く理想的な床面を構成できます。 ENGウッドベースは、構造用集成材の根太、大引と鋼製支持脚から構成される体育館用床下地材です。フローリングの普通貼り工法と床下地材のプレカット工法による施工の簡便性と材料の安定性を兼ね備えた床下地材です。競技に最適な弾力性と緩衝性を実現します。

製品詳細

仕様概要 ENGウッドベース 101は、体育館、武道場に最適な床特性を実現する木製床下地材です。
製品名 ENGウッドベース 101 (体育館用床下地材)
種別 床下地材
工法 その他
機能・性能 体育館、武道場用
仕上げ
樹種
寸法(mm) 根太天端までの床高261~1136mm

製品に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽に お問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はお電話で!電話番号0547-45-2174 平日午前8時から午後5時まで

ページの先頭へ